2008年01月31日

またまた久しぶりに・・

執事です。

2008年も明けてしまいました。
今年も「あまえたぱぁる」を宜しくお願い致します。


かく言う執事は姉妹ブログに気を取られてメインなこのブログになんにも書けず申し訳ございません。

故に先ほどこんこんと姫に怒られました。(自爆)



レスキュー的活動はここ暫くの間お休みしています。
メロン以降、数頭預かりをし、出していきましたが、その話は追々していきたいと思っています。(色々ありましたが、ここにきてようやく落ち着いて話が出来るようになってきました。)

このブログのメインでもある我が家のパールさんですが。
病気せず執事家で二年過ごしました。
相変わらず元気です。

相変わらず健康です。

相変わらず執事を尻にしいております。(爆)

pearl2008.jpg



ニックネーム パール姫の執事 at 16:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

最近のパール

パール姫のブログだと言うのに、なんじゃかんじゃと更新しとらん執事です。
ついに姫に怒られました。(爆)

近況という事で。
トリミングに行って直後の姿をお見せします。晴れ

pearl97.jpg


そりゃあ、モッサモサになってしまうアンダーコートを綺麗にしてしまうと、
そりゃー気持ちが良いわけで・・。

定期的にうちのご隠居さんがご贔屓にしていた美容室で綺麗になって貰っております。
きちんと「執事」をしております。ハイ。(^^)
ニックネーム パール姫の執事 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

里親さん募集致します

今現在下記の写真の子を大切に生涯家族にして頂ける方を募集しております。
以下、一時預かりさんのコメントをそのまま掲載致します。
終生大事にして頂ける方、どうぞ名乗り出て頂ければ幸です。
一頭でも、不幸せな子が減ることを祈ります。。


81431f79f9fbd2d023223e74efb01889.jpg


c02dc23d75ec142b03b3b82f188b9665.jpg


04c1b15e80bdf22048ae684d19cf2b10.jpg

バナーを張って頂ける方は↑をお持ち帰り頂ければ幸です。
仮名「はく」君といいます。
詳細は、預かりをされているPikoさんのサイトをご覧下さい。

・Pikoさんのサイト



ニックネーム パール姫の執事 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

パールは"変身"する・・・

パールさんは心配性である。
誰か一人でも外出していると、ひたすら寝ずに待つ。
とにかく待つ。
待つ・・・待つ・・待ちまくる。


pearl95.jpg




そして家族全員が帰宅すると安心して床につくのであーーーーる。(笑)


そして・・・。
誰か一人が「ミカン」なるものを持ち、皮を剥き始める。
そうすると・・・例え寝床で寝ていたとしても・・・。



pearl96.jpg



「臭いがしたので来ました。私にもください。」



ひたすらお行儀良くする。
勿論その甘きミカンなるものを所持しているものは必ず、何時、どんな場所であっても
お行儀良いパールさんが待ち受けている。


執事家では・・・パールさんの事を通称で呼ぶ事が定着しつつ・・・ある。


それは・・。



"ミカンクレコ"さんである。(爆)

勿論ミカンを食して体調を崩したことは一度も無い。


とにもかくにも、執事家では・・。


ミカンある処、パールさんあり。


なのだ・・。
ニックネーム パール姫の執事 at 18:03| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

謹賀新年

nenga1.jpg


皆様。


新年、あけましておめでとうございます。



今年も一年間、「あまえたぱある」を宜しくお願い致します。


ブログを見に来て下さるものすごい数の皆様に年賀状をお送りしたいのですが、
あまりにも膨大な数になるので。(爆)
掲載させて頂きます。お許し下さいませ。(^^)




今後とも宜しくお願い致します。
ニックネーム パール姫の執事 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

ありがとうございました。

本年2月に舞い込んできたデンママさん経由のSOSのお話。
生まれてからワンコが側に居た執事家では、ワンコは居なくてはならない存在でした。
これまで数頭の子が家族になり、そして共に生活をし、最後を見送ってきました。

自分としては放置出来ない話でした。
何とかしたい。大したことはできないが、力になりたい。
そう思い、まずはSOS告知WEBでの写真掲載のため、写真撮影からお手伝いさせて頂くことにしました。
そして、その中の一頭、パールを預かることになり、ブログは開設しました。
開設当初はパールの一時預かり日記としてスタートさせました。
譲渡会当日の会場で、パールは一ヶ月間預かっていたパールではありえない行動をしました。
酷いまでに体調を崩してしまったのです。
如何に「環境」が変わる事は、この子らにとって辛くてたまらないことなのか。
20年近くワンコを側に感じていた私でもショックな出来事でした。
同時に考えの甘さを恥じました。

そしてパールは執事家の「姫」となりました。
それからあっという間に時は過ぎ、もう大晦日です。
本当に時間は早いものです。。

今年、このブログに書き込む度に沢山の嬉しいコメントを残して下さった皆様。
本当に有り難うございます。
皆様のご縁が出来た事で、また一つ成長させて頂けたと感じております。
そして、ワンコに対する熱くて愛の溢れる気持ちを感じられたこと。
涙が出るほど嬉しいです。

そして、パールの元飼い主様。
パールは相変わらず元気です。相変わらず人のことを気遣う優しい子です。
生活環境は変わりましたが大病せずここまで来ました。
4年間大切に愛して下さっていたまさに「証拠」です。
素晴らしいワンコに育てて頂き感謝しきりです。
可能な限り長く元気で居られるよう、頑張る所存です。
来年も更に、頻繁にブログを更新していきます。
お時間許します限り、見守って頂きますようお願い致します。

来年は黙っていても、寝ていても来ます。
あと数時間で2007年。
新しい時の鼓動を感じながら、パールと共にまた歩いていきたいと思っています。
今後とも「あまえたぱある」を是非応援して下さい。
本年は本当に有り難うございました。
また来年もよろしくお願い致します。

そして、全世界のワンコが、幸せに、そして幸せであり続けてくれますように。。。
ニックネーム パール姫の執事 at 21:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

こんばんわ。パールです。


pearl92.jpg



どうも。パールです。
最近執事が何一つ私の話題を書かないので、「バールは元気なの?」って執事は怒られたそうです。
怒って下さった皆様、有り難うございます。
そうでも言ってくれなきゃ、うちの執事は動かないんです。
どんどん叱ってやってください。

それはそうと、今日はご飯も食べて眠いんですよね。。
あ!!。exclamation×2そんな所写真に撮らないでよ執事!!!。むかっ(怒り)



pearl93.jpg


・・・・・・・。むかっ(怒り)
こういう所撮られたんですが、執事のデリカシー疑います。
皆さんどう思われますか?。
ちょっと怒ってます。
ニックネーム パール姫の執事 at 22:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

お初です☆

ここ数日はなかなか重たい話ばかりで恐縮ですが、
あまり続けると更に更に重たくなりすぎるのでここでちょっと普通の日記に戻します。
とはいえ、ネタとしては一週間前の話になりますが。。(汗)


一週間前になりますが、ちょうど仕事も一段落していたので、パールを外に連れ出しました。
場所は車で暫く走るとある「海とのふれあい公園」なる場所です。
近隣の大型や中型ワンコ飼われている方ならもうご存じですよね。。(^^)


pearl89.jpg



という事で、執事の「仕事モード」の写真お見せします。
いつも携帯でパチパチではございません。(苦笑)


この公園は製鉄所の遊休地を天然芝生で覆った公園で、結構広いドックランもあります。
ドックラン意外はリード付きであればワンちゃんと一緒にお散歩が出来ます。
夏場は海風が通って気持ちが良いですね。冬は辛いですが。(笑)


ちなみにこの写真でノーリードで写ってますが、その時だけです。
勿論良い飼い主さんはきちんとリード着用の上お散歩下さいませ。


ひとしきり走り回って結構ご満悦のパールさんでした。


帰る途中にホームセンターなどの複合施設があります。
ここはペットカートがあるのでパールさん初体験のペットカートです。(^^)



pearl90.jpg


pearl91.jpg



最初はかなりビビッてましたが、何も変なものではないと気づくと結構楽しんでいたようです。(^o^)
ずっとあちこち見て当犬としては結構楽しかったかも(少し怖かったけど?)


広い場所には定期的に連れて行ってやりたいんですが、なかなかうまくいきません。
が、とにかく時間作るように努力していきたいです。
ニックネーム パール姫の執事 at 22:34| Comment(2) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

見て頂きたい・・

広島ドックパークレスキューにおいて。
続々と現場の方の声が出てきています。
徐々に「真実」が見えてきています。



・ナナパパさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/uran_nana2003/


・おとめさんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/otome1114lady/


お時間許す限り、ご一読下さい。



広島は、まだ終わっていません。
暖かい体温の感じられる家族が必要な子がまだ居ます!!。
ブックマーク、TBフリーです。どんどん広めて下さい!!。
ニックネーム パール姫の執事 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

忘れてはいけない。

以前このブログで取り上げた、「三重繁殖犬SOS」
覚えて頂いておりますでしょうか。
愛されて一生を過ごす犬達がいるその陰で、名前もつけられず、ただ子供を産むことだけにその一生を捧げている犬達がいるという事。
そして、それが破綻した時、想像を超える悲劇が待っているという事。


NPO法人・VOV様(http://vov.pekori.to/index.html)

WanLife様(http://www.k4.dion.ne.jp/~wanlife/)



のスタッフ皆様が一丸となってレスキューに取り組まれた結果、今現在ほとんどのワンちゃんが幸せを手にし、巣立っていきました。


が、しかし。
こういったレスキューが成功に終わる事例ばかりではありません。
何一つ愛護団体皆様にも知られずに悲劇が進行している事もあるのです。


犬猫は「モノ」ではなく「家族」であるという意識。
日本以外では"当たり前"の意識。
ドイツでは、犬を家族にする場合、多数の約束事が憲法に存在します。
守らない場合、人に対して厳罰が待っています。
また、犬も税金を払い、公共の場所にも同伴できるようになっているようです。
イギリスにおいては、ペットショップでの販売を禁じています。
犬を家族にしたい場合、ブリーダーの審査を受けなければなりません。


短期間で他国のレベルと同一に・・とは言いませんが、徐々にレベルを上げて行ければ良いのではないかと思います。


悲劇は後を絶ちません。しかし、忘れてはならないのです。
こういった悲劇がまだまだ存在するという事を。
下記URLにフラッシュがあります。
NPO法人VOV様のメンバー氏が作られたものです。
決して忘れてはならないのです。決して・・・。



http://vov.pekori.to/mie/mie_ver3.html

ニックネーム パール姫の執事 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

"我が家族"のために・・・

居候"メロン"が執事家を巣立って暫く経過します。
ご存じのように、昨今メロンをレスキューした団体に色々な疑惑がかけられ、ついにマスコミも取り上げつつあります。
これに関してこのブログでどうだこうだと言うつもりはありません。(理由・長ったらしくなるので)



pearl87.jpg



とにかくあーだこーだともう言うのはもう沢山ですよ。「あいつが悪い」「こいつがこんな事したから。」だの。。



とにかく翻弄され倒すのは結局犬達なんですよ。(--;



犬は口をきけませんよ。。でもそれ良いことにして己の私利私欲のために利用することだけは是非ともやめて頂きたい。これは今回の件に限らず、我々人間が肝に銘じないといかんことだと思います。



pearl88.jpg



せっかく何かの縁で家族になったわけですから、その家族のために、幸せに暮らせるように、もっと心をおおらかにして生きていきましょうよ。


譲渡された多数の犬達の家族の皆さん。お元気ですか?。
ワンちゃん、元気ですか?。
皆さんに慣れましたか?。家族の一員ですか?。
目が輝いてきましたか?。
ちゃんとご飯、食べてますか?。


某団体の現状解明も必要ですが、譲渡されたワンちゃんの、元気な近況が知りたい、おせっかいな執事であります。(苦笑)

ニックネーム パール姫の執事 at 18:01| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ミカン大好き☆

さてさて・・。
そろそろミカンの季節となってまいりまして。

我が家にもミカン農家の知り合いの方から箱がワンサカと届く時期になりました。。(笑)
で、我が家の姫は・・・。

pearl86.jpg




期間限定"ミカンクレ子"さんです。



ミカンが大層お気に入りのパールさん。
期間限定で改名しております。(苦笑)


以前の環境でも食べ慣れていたのか、お腹を壊すこともなく、欲しがります。
と、言うことで適時ミカンが口に運ばれるパールさんなのです。


時期が進むにつれ、甘さが増してくるミカン。
次回の一箱も更に甘さが増している事でしょう。。。
ニックネーム パール姫の執事 at 22:10| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

なんじゃこれ??


pearl83.jpg



先日29日にフリーマーケットがありまして、そこに我が母手作りのカントリードールを出品しました。
とりあえずこれだけ出品しようということで記念撮影☆。



pearl84.jpg



「何これ???」



何でも興味のあるパールさん登場です。
探り中です。。



pearl85.jpg



「・・・何してんの??。かーちゃん。触っておくれ。」



頭ナデナデされるのがパールさんのマイブームのようです。

ニックネーム パール姫の執事 at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

共に生きるということ

ちょっとぱかりの紹介で失礼します。
リンクさせて頂いているまある様ブログ「まあるくいきたい」で、26日付ですが、老犬介護に関する記事を書かれています。
参考文献も一冊紹介されています。


何歳から家族にするであれ、必ず最後・・・「死」はやってきます。人間同様に。
その時、人間は何をしてあげられるのでしょう。。色々と考えさせられるテーマです。
是非まある様のブログをご一読頂ければと思います。
ニックネーム パール姫の執事 at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

執事的里親論

執事です。
ヒロシではありません。執事です。(寒)


つまらない冗談はともかく。
今回の広島SOSに伴い、色々なことを執事も考えさせられている毎日です。
数日前の日記にも書きましたが、広島では譲渡会直後から出戻りした子も居るとの事。
300頭近く貰われていき、その中から僅かに数頭ですから、レートとしては少ないわけですし、完璧主義的に考えすぎてもいけないわけですが、あくまでもこの子達は、過去に辛い経験を背負った子達です。そういった子達を迎え入れる場合の心構え的なものを執事の拙い経験から今日は書いてみたいと思います。


●1日・2日では何もわからない


人間対人間でもそうです。1日2日接しただけで、その人間の人となりを知る事は不可能です。やはり時間と期間が必要です。
犬も同じです。1日2日では何もわかりません。
逆に犬も1日2日でその家に馴染む事は皆無に等しいです。まずは一週間、二週間は最低時間をかけて慣れさせてあげるべきです。


●「すぐにお散歩」「すぐにおいで」のまやかし


劣悪な環境で日々過ごしてきたこの子達には酷な扱いに感じます。
メロンも当初はそうでした。とにかく外に出すと震え、すくみ、まともに歩くことは出来ませんでした。まともに歩くようになるまでに一週間はかかっています。
迎え入れて1日2日で「一緒にお散歩ルンルン☆」状態は不可能です。
ペットショップでもケースに入れられている子らが「すぐにお散歩できます」なんて札がかかっている場合がありますが、まさに「まやかし」。
外の世界を知らない子にはあまりにも酷な要求です。。


●徹底した人間の「根気」


最初からオリコウサンにしている事はありえません
極論に聞こえるかも知れませんが敢えて言います。
トイレも「トイレ」という概念を知りません。どこにしても良い感覚のはずです。
しばらくの間は部屋のあちこちにトイレをする事でしょう。
しかしこれで激怒しているようではどうしようもありません。
とにかく家族全員の協力、理解、そして根気が要求されます。
メロンの場合、寝床とトイレ場所をきちんと隔離して認識させる方向に持って行きました。
犬は元来綺麗好きです。寝る場所とトイレとは別けたい意識が働きます。
トイレにはシートを敷いて、「シート=トイレをする場所」の図式を理解させる事に尽きます。文章や口にするのは簡単ですが、とにかく根気が必要な事です。
また、ろくに満足いくまで食事を与えられていません。
最初はとんでもないほどのがっつきぶりに驚くと思いますが、とにかく今は「きちんと食事は与えられる」という事を認識させる事です。とにかく毎日きちんと与え、食いっぱぐれは無いという事を理解させるしか無いと思います。
とにかくこの側面はとにかく人間自身根気が必要です。「もうたまらん!!」と思うこともあるかと思いますが、とにかく我慢です。
我慢出来ない場合は、酷な言い方しますが家族になるのを断念するしかないです。


●そして沢山の「愛情」を・・


沢山の愛情を知らない子達です。
とにかく愛情を持ち続けて下さい。愛情を与えて下さい。
犬は敏感です。愛情ある人に対してはしっかりとその気持ちに応えてくれます。


恐らく最低半年は挌闘のはずです。
"腹くくって"迎え入れたわけですから、"腹くくって"格闘(笑)して下さい。
本当の家族の一員に溶け込んだ時、その格闘も笑って話できる時が来ます。
とにかく家族一丸となって頑張って下さい!!!。
ニックネーム パール姫の執事 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

広島の譲渡会

連日連日マスコミにも取り上げられ、かなりの盛況で二日間が終わった模様です。
大半の方はきちんとした考えの良い方ばかりで、そういった方が沢山いらっしゃるという事。
やはり世の中捨てたもんじゃあないなと思う執事です。


あくまでもネットからの情報でしか現場の事は伝わって来ないわけですが、
1日目に譲渡された子が、たった1日で戻ってきた子が居たようです。

色々と理由はあるでしょう、いざ家に入れてみて何らかの問題が出たのでしょう。
しかしそれはハナからわかっている事で、執事の身勝手発言恐縮ですが、「そりゃあ当然でしょ」と敢えて言わせて頂きます。


今回の子らは人間との共存生活を知らない。「家庭犬」ではないのです。
人の本当の温もりも、人間とのコミュニケーションの方法も何らわかっていない。

譲渡されて、家に持ち帰り、リードをつけたら「我が家の犬」
その日から楽しくお散歩が出来て、「おいで」って言えば尻尾フリフリで来てくれる。。



・・・・済みません。そんなオートマチック的な犬

どこ探しても居ません。(汗)




我が家の子として共存するためにはどうすればいいのか。



教えるのは人間なのです。



実際問題しつけ面は実質無知に近く、増して心理的に傷やトラウマを抱えている。
しつけ面が無知な子に色々教えるのも現実問題として骨が折れる事である上に、更に問題が山積みなわけです。。


執事は思います。「たった1日でその子の何がわかったんですか?」と。
教えるのは根気が必要です。たったの1日やそこらでわからないのではないかと。。


譲渡の誓約書、腹くくって書きました??と。。


パールが家族になって半年が過ぎ、メロンが我が家の居候として居るようになって一ヶ月が経過しようとしています。


この子たちを完全に理解するにはまだまだ短い時間です。
もっともっと時間が必要です。もっともっと時間をかけないといけない。


あくまでも犬は動物ですから、本能的に順応する面もあるでしょう。しかし乍ら人間との共存生活を円滑に進めるためには人間が介在する教育が不可欠である事を徹底して理解する必要があるように思います。
更に今回の場合心理面でどういった部分に傷をおっているのか、行動から察知してどういったストレスを抱えているのか。
犬種特性から考えてどういった接し方が必要となるのか。
体調面は?。外的、内的疾患は如何なものなのか?。
治療が必要なのか。必要であるならば短期間で完治するのか、継続的治療が必要なのか。


人間に必要なスキルは多種多彩多岐にわたっていると思います。
まぁ、文章にすればやたらと堅苦しい話になるのでこれでやめますが、要は



"家族の一員"として迎え入れる子に対して


どれだけ自分たちが「ド真剣」に考えているのか。




ここに尽きると思います。。


生意気失礼千万承知で書かせて頂きました。
ニックネーム パール姫の執事 at 23:31| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

パールの憂鬱

pearl78.jpg



こんばんわ。パールです。
相変わらず執事がお世話になっております。


少し前の話なんですが。
執事と母様はよくわからない子を連れて帰ってきました。


いや・・・あの・・多分私と同類だとは思うんですが・・。
とにかく・・あの、ヘンなんです。
何が?。。うーん・・・態度というか何というか。


何考えてるかわかんないんですが、ずっとウロウロウロウロ。
ご飯の時はガツガツガツガツ。
しかもそのウロウロはずっと止まらない。


正直私は怖いです。こんな子見たことないので。


でも執事は「この子は可愛そうな状況から来た子だから・・我慢してね。」と言うんだけど。。どうも気になるんだけど怖いんです。動きが。(汗)


・・・この子、一体何して来たんだろ。
っていうか・・どこから来たの?。
話かけてみたいけど・・・雰囲気が怖い。
でも少し気になるんだよね。。


もう少し時間たったら執事に色々聞いてみよ。。
またうちの執事に言って書き込みさせて貰いますね。

ニックネーム パール姫の執事 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

「無責任」

pearl75.jpg



彼岸花が咲く秋になった。
とはいえ、世の中悲劇が絶えない。
小学生が刃物を持ち、暴走した車が未来ある子供達を殺め、子が親を殺める。
そして親が子を殺める。


世の中何か・・何か歯車が狂っている。確実に狂っている。


そしてその狂った歯車は人と動物の間にも暗い暗い影を落としてしまっている。


犬猫を飼うことが半ばブーム的になり、沢山のペットショップが沢山の犬を仕入れ、販売する。繁殖家は躍起になって人気犬種を繁殖させようとする。
華やかなように見えるこの業界の中で、経営的に苦しくなり繁殖業を放棄せざるを得なくなる者もおり、その結果沢山の犬猫らが辛い思いを強いられる。


「ふれあい」と称して沢山の犬を準備し、入場料金を取り、擬似的に飼育体験をさせるテーマパーク。
関西県内でも数年前まで存在したが、結局閉鎖されてしまった。
執事はこのテーマパークなるものは生理的に受け付けない。いやむしろ嫌悪感さえ抱く。
犬も人間と同様「動物」である。日常生活に於いて食事はきちんと摂取しないといけない、水分も摂取しないといけない。それに伴う体調維持のための運動、そして排泄行為。
人間も日常的に行っている極々当たり前の日常なのだが、それがどんな動物にも当てはまる事だという事を忘れてはいないだろうか。


「あぁ・・ワンちゃんだね。可愛いね。頭なでてあげなよ。」
「ワンちゃんと一緒に遊べて良かったねぇ。」


暴言に聞こえるかも知れないがこれだけで犬と生活は出来ないのだ。
彼ら彼女らも我々と同じ動物なのだ。
食事しないといけない、排泄もしないといけない。適度な運動も必要、毎日の体調面のケアも必要。。
これは執事の持論(大げさな言葉で失礼。ごくごく当たり前の事と言うほうが正しい)だが、同居している時点で彼ら彼女らは「家族の一員」である。ということ。
人間のように言葉を発する事もないし、自ら自炊も出来ないわけで、生活していく中で心理状態を把握し、理解し生活していく中で円滑になるように人間サイドがアシストしてあげないといけないのだ。
そこらあたりを全く理解しないで

「人間の言うことを理解しろ」
「こいつは全く人間の指示に従わない。どうしようもない奴だから捨てよう」
「こいつ噛みやがった!!。保健所送りだ」

・・・・これは所詮人間のエゴではないかと。


犬猫のテーマパークなるものに入場料を支払い、しばしの間犬猫と戯れる。
「可愛いねぇ。」
「さわれてよかったねぇ。」


これがきっかけとなって「我が家でも飼おう」という方向になっていくとする。
きっかけ自体異論は言わない。むしろ嬉しい方向ではないか。ただその後の方向性が問題になってくる・・。
当然毎日食事は与えないといけない、体調管理はしないといけない。犬猫であっても意志があるわけで当然それを理解する努力を怠っては駄目。

「飼うことがこんなに大変だったのか・・もっと気楽だと思ってた。」

信じられないが執事の目の前でこんな事を言った人間も居る。
犬猫は彼らにかかればただの「ヌイグルミ」になってしまう。
テーマパークの犬猫に対して入場者は何ら「責任制」はない。そこが気楽さの要因。
ところが自分たちの家族にするとなると話は違ってくる。
犬猫とていつまでも元気な事はない。
人間より遙かに早い時間軸で歳をとり、衰え、死を迎えていく。
例え衰えたとしても、目が見えなくなったとしても、痴呆にかかったとしても、排泄物垂れ流しになったとしても、最後まできちっと面倒を見る腹のくくった気持ちが無いといけないという事を我々は絶対に忘れてはいけない。


pearl76.jpg



犬猫は言葉は発さないが意志は持っている。
何をしたいのか、何を拒否しているのか、何に恐怖しているのか。
長く生活していく中で彼ら彼女らの目を見てコミュニケーションをとる努力を我々人間は怠ってはいけないのだ。
長年生活してきた人間の家族を愛するように、彼ら彼女らにも同等の愛する気持ちを持つべきなのだ。
現代社会、人間に心の余裕がなさすぎる昨今、犬猫達にその余裕の無さを癒してくれる事を望むのは無理なのだと気づきたい。彼ら彼女らだって意志ある動物。そうそう毎日人間の癒しの道具にはなってくれるはずもないのだから。むしろ癒されたいのは彼ら彼女なのかも知れない。


pearl77.jpg



先日も日記に書いたがまた人間の無責任で多数の犠牲犬が出た。
何度と無く撲滅しようと頑張っている人達がいる中での悲劇。
いつになったら消滅するというのか。
志半ばで逝く事がどれほど辛い事か。
飢えと乾きの中でどれほど辛かった事か。
本当の家族の暖かさすら知らずに生まれ育ち、そして人間の勝手な理由で食べ物さえ与えられず、衰弱して逝った多数の彼らに哀悼の念を表し、二度と・・本当に二度とこんな悲劇が再発しないように誓おうではないか。

そして今生きようとしている彼ら彼女らが本当に笑って過ごせるようになりますように。
めい一杯生きることを楽しめる環境が出来ますように。

そして・・これ以上志半ばで逝く子達が増えませんように。。


ニックネーム パール姫の執事 at 21:42| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

毎度毎度・・

あまり記事にしたくありませんが、やはり放置できません。
告知させて頂きます。既にご存じの方は読み捨て下さい。


広島にて、500頭のレスキューが発生しました。



詳細は下記に。今回は大阪の団体、アークエンジェルズ様が主として活動中です。


http://ark-angels.com/rescue.html



活動日記は下記に。


http://arkangels.blog34.fc2.com/



●募金先は
郵便口座 14040-31760911 
「アーク・エンジェルズ」

・ジャパンネット銀行
店番001:(本店営業部)
口座番号:5872070
口座名義:アークエンジェルズ 林 俊彦
(アークエンジェルズ ハヤシ トシヒコ)

●支援物資は
〒534−0014 大阪市都島区都島北通り2−20−2
電話:06−6925−8811(代表)
ARK−ANGELS宛


かなり辛い内容ですが、リンクお願い致します。


それからお知り合いさんもご紹介。
http://blog.goo.ne.jp/kaikai2005

シェルティ・カイ君ママさんの日記です。今回の活動に参加されておられます。
どんどん情報、リンクの輪を広めて頂ければ幸いです。
リンク一つが大きな力になります。

ニックネーム パール姫の執事 at 20:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

パールです。秋ですね・・・・・

パールです。


今日散歩に行くと、「ヒガンバナ」が咲いておりました。

もう「アキ」なんていう季節なんですねぇ。
私は暑いのはあまり得意でないので有り難いです。



pearl72.jpg




pearl73.jpg



暑くてたまらなかった季節の頃は草で一杯でとにかく歩きにくいの何のって・・・。
何故かわからないけど綺麗さっぱり草が無くなってました。
今度ウチの執事に理由聞いてみます。



pearl74.jpg



風が吹いてるので涼しくて気持ち良いですね。
今日はヤなヤツと出くわさないので気楽な散歩になりました。
毎日こうだと良いんだけどなぁ・・。
特にアイツとアイツとアイツ・・(以下略)には絶対に会いたくないのです。
なんでって??


だってあの子ら意味不明に私に突進しようとするんですよ。
最近の子は育ちが悪いのかなぁ。
うちの兄弟なんかものすごく賢い子ばっかりやったのに。。
世の中広いですね。ヘンな子もいるもんだわ。
あーやだやだ。


また執事に言ってコメント書かせて貰いますねぇ。
ではまた。
ニックネーム パール姫の執事 at 14:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする