2006年10月31日

なんじゃこれ??


pearl83.jpg



先日29日にフリーマーケットがありまして、そこに我が母手作りのカントリードールを出品しました。
とりあえずこれだけ出品しようということで記念撮影☆。



pearl84.jpg



「何これ???」



何でも興味のあるパールさん登場です。
探り中です。。



pearl85.jpg



「・・・何してんの??。かーちゃん。触っておくれ。」



頭ナデナデされるのがパールさんのマイブームのようです。

ニックネーム パール姫の執事 at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

共に生きるということ

ちょっとぱかりの紹介で失礼します。
リンクさせて頂いているまある様ブログ「まあるくいきたい」で、26日付ですが、老犬介護に関する記事を書かれています。
参考文献も一冊紹介されています。


何歳から家族にするであれ、必ず最後・・・「死」はやってきます。人間同様に。
その時、人間は何をしてあげられるのでしょう。。色々と考えさせられるテーマです。
是非まある様のブログをご一読頂ければと思います。
ニックネーム パール姫の執事 at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

28日目・頑張れ!!メロン!!!

今日は晴れです。
いい日です。

と、いう事で、メロンを引き渡しにアークエンジェルズさんの本部に一ヶ月ぶりに赴きました。
引き受け当初はレスキュー開始から間もない事もあってとにかくドタバタしていた事務所も平穏を取り戻していました。
里親様はご夫妻で、今までも犬の飼育経験がおありで、メロンの今現時点での問題点をお話しても笑顔で受け答えして頂き、こちらからの少々の心配事も問題ない状況の様子で非常に安心感を頂戴しました。
よってその場でお試し生活に入って頂くことになりました。
メロンは相変わらずで里親様に抱っこされたまま大人しくしていました。


今後「ジャックラッセル」としての素の部分が生活に慣れるにつけ出てくるとは思います。
犬バカかも知れませんが、この子は非常に物事の理解も早いので、訓練をつけても十分対応していける子ではないかと思います。
十分食べ、睡眠し、十分な運動を提供して頂ければ特に問題なく生活して頂けるのではないか。執事はそう感じています。
よく預かり日記は最後のタイトルは「さよなら●●」と書かれる方もいらっしゃいますが、
執事的にはこの言葉は好きではありません。完璧なる金輪際のお別れに思えるからです。
やはり最後の預かりとしての言葉は「頑張れ!!!」ではないかと思います。
ご家族皆さんで温かい気持ちで迎えて頂き、素敵な生活を人間も犬も送って頂きたい。執事はそう思っています。

と、言うことで拙き預かり日記を沢山の方が読んで頂き、感謝しきりです。
本当に有り難うございました。

・・・・で終わりたかったのですが。もう1ネタ。。

帰宅後いつものようにパールさんを散歩に連れて行きました。


pearl80.jpg



人間側としてはやっぱり寂しい思いはあるけど、あれだけ理解のある方ならメデタシメデタシ・・・と思っていたのですが、うちの姫はそういう事では済まなかったようです。。

いつもならメロンが後を付いてきます・・・。
今日からはもう・・・来ません。
しばらく座ってひたすら泣いていました。。


pearl81.jpg



心配性のパールはなんだかんだ不満もありつつもメロンの事を気にかけていました。
パール「らしい」と言えばそれまでですが、パールにとってはちょっと辛い別れになったようです。。



pearl82.jpg



パール「執事よ。。メロンはどこに行ったのさ?」

執事「いい人間のお父さんお母さん所に行きましたよ。良かったと思いますが・・寂しいですかい?」

パール「居るときは何か知らんけどうっとーしー!!って思ってたけどさ・・・やっぱり居なくなるとちょっとねぇ・・・。」

執事「あの子は幸せになりますよ。。大丈夫ですよ。ご心配なく。」

パール「そ・・・・。」



一ヶ月間有り難うございました。


預かり日記これにて終了!!!(笑)
ニックネーム パール姫の執事 at 18:08| Comment(3) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

27日目・お見合い前日


pearl79.jpg



画質劣悪ですが。
既にメロンさんは熟睡していますので、袖こして撮るのも何だったのでこっそり撮ってしまいました。
きちっとしたものは明日にでも撮れば良いか・・。


明日はお見合いの日です。
執事は連絡を受けただけで、どういった方なのか全く不明です。
全ては実際に本部の事務所で面会した時に判明する事です。


メロンは「ジャックラッセルテリア」と呼ばれる犬種です。
もともとは猟犬として生まれてきた子です。穴を掘り、ネズミなどの小動物を追いかけます。
もともと「・・・テリア」と呼ばれる犬種は何種類かありますが、とにかく元気いっぱいで、物事の判断を自分自身でしっかりとする賢いワンコさんです。
反面、一度決めたことは頑なに変えようとしないガンコオヤジ顔負けの性質もあり、一つのことに執着すると徹底的にこだわり抜きます。
賢いという事は、人間がしっかりしていないと出し抜かれる事もあるという事でもあります。
可愛いルックスの反面、性格のキツさに参ってしまう飼い主さんも居る位です。
テリアの中でも色々な面で強烈な性質っ子です。(笑)

勿論猟犬ですから、愛玩犬のようなトコトコ散歩だけで満足する性質ではありません。
トコトコとリード繋いだ散歩プラス、出来る限り広い場所を確保して自由に運動させる事も必要です。広い公園などが近くや行動範囲の中にあればベストですね。。
また、お部屋では色々なおもちゃを使ったりして運動面を満足させることも必要です。
このあたりが満たされないと不満をどこかしこにぶつけてしまい、イライラが募ったままになってしまいます。そうならないようにケアしてあげることも必要です。
案外ジャックラッセルが猟犬だという事を知らないで家族にしてしまう人も結構居るようです。。。(汗)

どんな犬種でもそうですが、とにかくどういった性質の犬なのかを人間がきちんと理解することで、毎日の生活が楽しく送れるのだという事を我々人間は理解しなくてはならないと思います。勿論犬種性質だけで判断するべきではないです。その子の個性もありますから、それも加味しながら考えていかなくてはならないと思います。
今はインターネットの時代です。犬種の特性などは本屋さんに駆け込まなくても色々と情報は取り出せますので是非活用して頂いて、色々と調べてみて下さい。

この子をきちんと理解してくださっている方だと良いですが・・。
明日にご期待です。(^o^)

ニックネーム パール姫の執事 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

執事的里親論

執事です。
ヒロシではありません。執事です。(寒)


つまらない冗談はともかく。
今回の広島SOSに伴い、色々なことを執事も考えさせられている毎日です。
数日前の日記にも書きましたが、広島では譲渡会直後から出戻りした子も居るとの事。
300頭近く貰われていき、その中から僅かに数頭ですから、レートとしては少ないわけですし、完璧主義的に考えすぎてもいけないわけですが、あくまでもこの子達は、過去に辛い経験を背負った子達です。そういった子達を迎え入れる場合の心構え的なものを執事の拙い経験から今日は書いてみたいと思います。


●1日・2日では何もわからない


人間対人間でもそうです。1日2日接しただけで、その人間の人となりを知る事は不可能です。やはり時間と期間が必要です。
犬も同じです。1日2日では何もわかりません。
逆に犬も1日2日でその家に馴染む事は皆無に等しいです。まずは一週間、二週間は最低時間をかけて慣れさせてあげるべきです。


●「すぐにお散歩」「すぐにおいで」のまやかし


劣悪な環境で日々過ごしてきたこの子達には酷な扱いに感じます。
メロンも当初はそうでした。とにかく外に出すと震え、すくみ、まともに歩くことは出来ませんでした。まともに歩くようになるまでに一週間はかかっています。
迎え入れて1日2日で「一緒にお散歩ルンルン☆」状態は不可能です。
ペットショップでもケースに入れられている子らが「すぐにお散歩できます」なんて札がかかっている場合がありますが、まさに「まやかし」。
外の世界を知らない子にはあまりにも酷な要求です。。


●徹底した人間の「根気」


最初からオリコウサンにしている事はありえません
極論に聞こえるかも知れませんが敢えて言います。
トイレも「トイレ」という概念を知りません。どこにしても良い感覚のはずです。
しばらくの間は部屋のあちこちにトイレをする事でしょう。
しかしこれで激怒しているようではどうしようもありません。
とにかく家族全員の協力、理解、そして根気が要求されます。
メロンの場合、寝床とトイレ場所をきちんと隔離して認識させる方向に持って行きました。
犬は元来綺麗好きです。寝る場所とトイレとは別けたい意識が働きます。
トイレにはシートを敷いて、「シート=トイレをする場所」の図式を理解させる事に尽きます。文章や口にするのは簡単ですが、とにかく根気が必要な事です。
また、ろくに満足いくまで食事を与えられていません。
最初はとんでもないほどのがっつきぶりに驚くと思いますが、とにかく今は「きちんと食事は与えられる」という事を認識させる事です。とにかく毎日きちんと与え、食いっぱぐれは無いという事を理解させるしか無いと思います。
とにかくこの側面はとにかく人間自身根気が必要です。「もうたまらん!!」と思うこともあるかと思いますが、とにかく我慢です。
我慢出来ない場合は、酷な言い方しますが家族になるのを断念するしかないです。


●そして沢山の「愛情」を・・


沢山の愛情を知らない子達です。
とにかく愛情を持ち続けて下さい。愛情を与えて下さい。
犬は敏感です。愛情ある人に対してはしっかりとその気持ちに応えてくれます。


恐らく最低半年は挌闘のはずです。
"腹くくって"迎え入れたわけですから、"腹くくって"格闘(笑)して下さい。
本当の家族の一員に溶け込んだ時、その格闘も笑って話できる時が来ます。
とにかく家族一丸となって頑張って下さい!!!。
ニックネーム パール姫の執事 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

25日目・候補様現る

執事の携帯が鳴る。

預かりを依頼されている団体担当氏からだった。
「メロンちゃんの候補様がいらっしゃいます。(^^)」

ついにこの犬バカ満載ブログをご覧になったのか、はたまた単に「大阪に来たワンコさんは居ますか?」と直接問い合わせされたのか、候補様が現れた。

お見合いは今週27日午後1時となりました。
特に問題が無い場合、そのままお試し飼育に入ります。

あと少しの期間ですが、皆さんメロンを応援してやって下さい。
宜しくお願いします。

ようやく動画が出せるようになりました。。
腸炎も回復し、元気いっぱいのメロンさん動画です。








メロンに今後の生活において望みたいことは明日に回します。
とりあえず、本日分は元気なメロン動画を見て下さいませ。(^^)
ニックネーム パール姫の執事 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24日目・あれまぁ・・・

毎度毎度掲載したい動画ですが、うまくアップできません。
というか動画はきちんと撮影しているのですが、アップがうまくいかないのです。。
困ったもんだ。
よって今日も文章だけの日記です。失礼します。


メロンですが、数日お腹の調子が悪いので大事をとって行きつけの先生の所に行きました。


早く診断してもらって良かったです。結果は腸炎を煩っていました。
あの劣悪極まりない環境で長期間過ごしたんです。。何があってもおかしくない。


劣悪な環境に対して猛烈な怒りがこみ上げるのは当然として、こちらとしてはとにかく安堵の一言です。良かった・・。



メロンへのお問い合わせはアークエンジェルズさんにお願い致します。


ニックネーム パール姫の執事 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

広島の譲渡会

連日連日マスコミにも取り上げられ、かなりの盛況で二日間が終わった模様です。
大半の方はきちんとした考えの良い方ばかりで、そういった方が沢山いらっしゃるという事。
やはり世の中捨てたもんじゃあないなと思う執事です。


あくまでもネットからの情報でしか現場の事は伝わって来ないわけですが、
1日目に譲渡された子が、たった1日で戻ってきた子が居たようです。

色々と理由はあるでしょう、いざ家に入れてみて何らかの問題が出たのでしょう。
しかしそれはハナからわかっている事で、執事の身勝手発言恐縮ですが、「そりゃあ当然でしょ」と敢えて言わせて頂きます。


今回の子らは人間との共存生活を知らない。「家庭犬」ではないのです。
人の本当の温もりも、人間とのコミュニケーションの方法も何らわかっていない。

譲渡されて、家に持ち帰り、リードをつけたら「我が家の犬」
その日から楽しくお散歩が出来て、「おいで」って言えば尻尾フリフリで来てくれる。。



・・・・済みません。そんなオートマチック的な犬

どこ探しても居ません。(汗)




我が家の子として共存するためにはどうすればいいのか。



教えるのは人間なのです。



実際問題しつけ面は実質無知に近く、増して心理的に傷やトラウマを抱えている。
しつけ面が無知な子に色々教えるのも現実問題として骨が折れる事である上に、更に問題が山積みなわけです。。


執事は思います。「たった1日でその子の何がわかったんですか?」と。
教えるのは根気が必要です。たったの1日やそこらでわからないのではないかと。。


譲渡の誓約書、腹くくって書きました??と。。


パールが家族になって半年が過ぎ、メロンが我が家の居候として居るようになって一ヶ月が経過しようとしています。


この子たちを完全に理解するにはまだまだ短い時間です。
もっともっと時間が必要です。もっともっと時間をかけないといけない。


あくまでも犬は動物ですから、本能的に順応する面もあるでしょう。しかし乍ら人間との共存生活を円滑に進めるためには人間が介在する教育が不可欠である事を徹底して理解する必要があるように思います。
更に今回の場合心理面でどういった部分に傷をおっているのか、行動から察知してどういったストレスを抱えているのか。
犬種特性から考えてどういった接し方が必要となるのか。
体調面は?。外的、内的疾患は如何なものなのか?。
治療が必要なのか。必要であるならば短期間で完治するのか、継続的治療が必要なのか。


人間に必要なスキルは多種多彩多岐にわたっていると思います。
まぁ、文章にすればやたらと堅苦しい話になるのでこれでやめますが、要は



"家族の一員"として迎え入れる子に対して


どれだけ自分たちが「ド真剣」に考えているのか。




ここに尽きると思います。。


生意気失礼千万承知で書かせて頂きました。
ニックネーム パール姫の執事 at 23:31| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

譲渡会は今週です

毎日動画配信をしたいのですが、なかなか最近データーがアップ出来ず、動画配信が出来ない状況になっています。
多分無料で使えるツールなのでアクセスが集中している可能性があるのですが・・。
メロンはいたって元気です。
徐々に改善しつつあります。
しかし乍ら「食」に関しての部分はやはりまだ必死になって食べようとします。
とはいえ程度は当初からは比較にならないほどマシにはなっているのですが。。
あと懸念なのですが、散歩をしていると石を知らないうちに食している事があります。。しかもカリカリ言わせて・・。
急いで吐かせるのですが、あちらの環境では石すら食べ物だったのでしようか。。
何とも言えない気持ちになってしまいます。

さて、告知です。
タイトル通り、広島ドックパークでの譲渡会ですが今週に迫って参りました。

詳細はこちら



驚くのはドックショーレベルでしか見たこともない犬種が結構居る事。
ドックパークの性質故に珍しい部類の犬種を集めに集めた結果なのでしょうが。


単に珍しいという事だけではなく、やはり人間側もしっかりと勉強しないといけませんね。。
幸せ生活は人間と共に歩んでいくものだという事を我々犬飼いは忘れたくないですね。(^^)





メロンへのお問い合わせはアークエンジェルズさんにお願い致します。


ニックネーム パール姫の執事 at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

17日目・体力

先日掲載の「意味不明な短編映画」は大失敗に終わり、何一つ反響がありませんでした。
執事の寒さが露呈する結果となりました。(爆・・アホ丸出しとも言う)


さて、"まとも"な日記に戻ります。


足の部分に徐々に筋肉がついてきたメロンさん。
昨日からパールと同様のコースを自ら歩く様になってきました。
動画はその際の一部です。
所々画像が乱れるのは、手持ちで、パールのリードを持って撮影したためです。
あらかじめご了承願います。
案外素早く歩くようになりましたヨ・・。(^^)








体力は食事をすることと、毎日散歩に出ることで改善していくはずです。
あとの課題は心理的な面・・・やはり「食べること」に対してもう少し落ち着かないといけないと考えています。
それも徐々に落ち着きつつあるので、とにかく時間が必要です。



メロンへのお問い合わせはアークエンジェルズさんにお願い致します。


ニックネーム パール姫の執事 at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

15日目・短編映画・「デビルメロン」

・・・怪しいタイトルを暴露する前に。。
なんだかんだと教育係をかってでる執事父。
「待て」「よし」が出来たと喜んでおります。。
メロンにしてみれば単に怒らせると怖い人間だから聞いているのか、それとも・・。(笑)








で・・このタイトルは何ぞやと?。


ガムを噛むことにとてつもない執念を燃やす一匹の犬がいた
というお話です。(爆)


<キャスト>
デビルメロン・・・メロンさん
声の出演・・・執事家の皆さん
ナレーター・・・パール姫の執事


でお送りします。








まぁ、そういうわけで日常は過ぎてゆくのです。(笑)



メロンへのお問い合わせはアークエンジェルズさんにお願い致します。



ニックネーム パール姫の執事 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

譲渡会のお知らせとメロンに思う事

10月21,22の両日、広島ドックパークにて、広島で療養中のワンちゃんたちの譲渡会が行われます。
詳細はこちら



上記リンクには譲渡会への参加条件も明記してありますので、熟読の上お立ち寄り頂ければと思います。


さて、執事の語りはここからですが・・。
毒舌満開、正直かなり強烈な事も申しますのでご承知おき下さい。


今回のレスキューされたワンコさん達ですが、単なる里親募集で家族を見つけよう的な発想ではまず来られないほうがよろしいかと思います。
とてつもなく劣悪な条件で今日まで過ごしたこの子達は、外的疾患もさることながら、心理的な部分にも傷を負い、心の病にかかってしまっている子も少なくありません。


「たかがワンコやないか。おいしいもの与えて、水飲ませて、散歩十分させとけば大丈夫やん」


この発想では申し訳ありませんが終生飼う事は不可能だと思います。
心にまで傷、病を負った子はそう簡単には治癒しません。これは人間であっても同様で、とにかく根気、愛情を持ち続ける事が重要となります。
また、通常の家庭犬がやっている事が満足に出来ません。教育が必要です。
当然です。今まで生きるためだけに必死になって生きてきた子らです。家庭での人間との共存方法を知っている子は皆無だと考えて下さい。1から人間が時間をかけて教えてあげる必要があります。
また、大半の子は栄養失調に陥っているために、栄養を体が吸収しない状態になっています。
メロンもそうですが排泄物の状況を見れば判断つきますが、大半は吸収せずに排出されてしまっています。体格から考えればかなりの量の排泄物を出します。それだけ栄養分が吸収されていないのです。骨と皮だけと言って差し支えのないこの子達。とにかく時間をかけて食事を与え体質改善を図っていくしかありません。

とにかく前途は多難な部分があります。
人間側も人間よりも短い命をいかにして長く生きさせるのか。
腹をくくって取り組む必要があります。

この子達を悲惨な目に遭わせたのは人間。
その子達に暖かい、体温の感じられる愛情を注ぐのも人間。

皮肉なものです・・。
しかし、沢山の愛情をかけてあげれば、どんどん改善していくはずです。
「腹のくくった」候補様、是非譲渡会でワンちゃんを見て頂き、名乗りを上げて頂きたく思います!!。



メロンへのお問い合わせはアークエンジェルズさんにお願い致します。


ニックネーム パール姫の執事 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

12日目・そちも悪よのう・・・

最近恒例になりつつある、メロンさんまったり動画です。








最近のメロンさんは、食べ物の執着による徘徊は薄れつつあります。
しかし、どうやら「寂しい」という感情が復活してきたようで。。


執事家の構造は、先住犬パールのいるリビングと母屋があります。
ドア一枚隔てている構造なのですが、メロンが来て早い段階から、「寂しい」という感情を引き出したいために、適時解放し、リビングが少し見えるようにしていました。
メロンは勿論自由移動は御法度状態です。トイレという概念はまだまだですし、そこらじゅうにまき散らされると大変なのでリードで制限をかけています。


我が家に来て10日以上が過ぎ、ここに来て「私もあそこ(リビング)に行きたい!!。行かせてよ!!」といった感情が出てきたようです。


「トイレはシートでやる」という事は理解している賢いメロンさん。
しかし、寂しいとなると、意図的にその場所をはずしてやるようになってきます。
そうすれば人間が来る。叱られても「フフーン」・・な顔。



メロンさん、してやったりですか!?



両親らは術中にハマッてしまってます。
あれほど知らん顔して処理しようと言っていたのに。。


したり顔なメロンさん。
うちのパールがあまりいい顔していない理由がわかったよ。
やはりキャラクターをよく理解するのは犬同士が早いですわな。
メロン、相当な策略女。流石は天下御免の"ジャックラッセル"(苦笑)




わざとトイレをはずすのはいけない事ですが、寂しいという感情が復活したのは良かった事。
いけない事はきちんと理解しているようなので、「そんな事しなくても大丈夫だ」と教えていきましょう。。

メロンへのお問い合わせはアークエンジェルズさんにお願い致します。


ニックネーム パール姫の執事 at 22:47| Comment(1) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

11日目・O S A M P O

そういやジャックラッセルって、かの有名なギタリストChar氏が昨年出したシングルの曲、「OSAMPO」のジャケット写真に出てましたねぇ。。
これに影響されて飼い始めた人も居るかも知れません。


まぁ、余談はさておき。


タイトル通りメロンさんの「OSAMPO」でございます。
たまぁにパールさんご出演。
ウロウロしているメロンさんに色々教育なさっております。








そして、今日。

初めてシートにウ●チをしました。(しかもど真ん中)



徐々に落ち着きと犬らしさが出てきたメロンさんでございます。





メロンへのお問い合わせはアークエンジェルズさんにお願い致します。


ニックネーム パール姫の執事 at 18:25| Comment(3) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

10日目・安らぎを・・

落ち着き傾向にあるメロン。
徐々に執事家の人々の目を見るようになってきたが、まだ餌に対する感覚は残っています。
とはいえ、これはそう簡単に治る(短期間で治るものとも考えてはいませんが)ものではないので普段の日常生活の中で徐々に解放出来ればそれで良いでしょう。








とはいえ、違った側面もあります。
膝の上では爆睡状態になります。
これは特定の人物に限りません。家人誰に対してもです。








「温もり」が恋しくて恋しくて・・・。
動き、食べ物を探し、空腹と寂しさの中で長期間過ごす事を強いられたメロンは、本来性格はとても甘えたでやんちゃな子だったはず。
しかしあくどい人間のためにその思いは見事なまでに打ち砕かれ、食べることに執着しないと生きていけない泥臭い世の中に放り出されることになります。
久々に「温もり」を感じることが出来たのでしょう。
敷いた寝床ではあまり寝ようとしませんが、膝の上だと即熟睡です。


先日からようやくマスコミ媒体でも今回の広島の件が取り上げられつつあります。
これが同じ私たち人間と同じ人間が起こしてしまった事件。
死んで埋められてしまっていた犬達のこともついに暴かれてしまいました。
金儲けのためならば何でもやってしまうこの世の中。
その身勝手な世の中のために犠牲になった犬達。
今できる事は、生きている子達に素晴らしい後の生活を考えてあげること。
今はそれしかありません。
今生きている子達が全頭元気になることを切に望みます。





メロンへのお問い合わせはアークエンジェルズさんにお願い致します。


ニックネーム パール姫の執事 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

9日目・熟睡

昨日は色々あり、更新が出来ませんでした。
期待して見て頂いた皆様済みません。
というわけで(?)、罪滅ぼしとしてようやく熟睡のメロンさん動画です。








執事家に来て一週間経過したメロンさん。

重大発表させて頂きます。(大袈裟な)




・メロン、20m散歩する!!。


・メロン、初のお外でトイレ


・メロン、ついに熟睡



の三本です。(サザエさん風)


あんまりたいしたことのない話を大袈裟にするのが執事流なのでお許し下さい。
え??「執事は犬バカ?」



何か悪い事でも?



今日は父母とパールと共に散歩に赴きました(執事は仕事のため不在)
パールはメロンのトイレが終了するまできちんと待っていたそうです。
パールなりに気にはしている模様です。


ウロウロ癖も少なくなり、人の目を見るようになってきました。
当初はどうしたものかと執事家全員心配したものですが、ここまでくると一安心です。
そろそろ自分のキャラクターが出て来るのではないでしょうか。
今はもう当初の鋭い目つきから一転、非常に穏やかな表情になってきました。
とにかく毎日が進歩です。
ニックネーム パール姫の執事 at 23:51| Comment(1) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

7日目・こっそり・・・

気づくと事務所アコーディオンカーテンからニョッキリ白い物体が。。
何かを伺っている。。(^^;






日に日にこの家に興味が出てきたメロンさん。
そろそろ本性が姿を現しそうです。


ウロウロと行動する状態は動物行動の観点から考えると異常行動と言うようです。
イライラしているのです。
とはいえ、家人の膝に載せるととたんに睡眠状態になります。
当然だと思います。四六時中ああやって動けば、動物である以上疲労感は襲うはず。
今日も二時間ほど膝に載せていましたが熟睡していました。
劣悪な環境に長期間居たことが嫌でも理解出来てしまいます。


とにかく愛情に飢えている事は十二分にわかります。メロンの場合、環境が環境だけに、適度な人間のこういった行為は必要かと考えています。勿論過剰は駄目です。心理的な問題を解決するのはこの方法が一番良いかと考えています。ウロウロ癖はそう簡単には解決しませんが、時間かけるしかありません。


とはいえ、徐々に落ち着いてきている事は事実で、あれこれと興味が出てきたようです。
これは進歩です。




トイレも床にしてしまう事は「いけない」事だという事を悟り始めています。
やってしまうと「しまった!!」といった顔つきしますので。。
と思いきや・・床にすれば誰かが来てくれるぞ。。としたたかに考えている側面も見受けられます。流石"ジャックラッセル"・・・オヌシモワルヨウノウ・・・メロン。
こういう子は人の発する態度や言動も把握します。賢いタイプなのです。
そういう場合は私の母の説教になります。
これが効果的で、歴代ワンコはこれでシートでの排泄を覚えました。
発見直後にしないと効果なしですので、ある程度監視が必要です。
さぁ、一歩一歩前進しようね。メロン。(^^)

ニックネーム パール姫の執事 at 20:56| Comment(6) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

6日目・若干の進歩?

今現在、メロンの預かりは執事が絶大な信頼を置いている訓練士の先生のアドバイスを頂戴しながら継続しています。
今日も仕事の帰りにアドバイス電話を頂戴しました。
先生有り難うございます。本当に感謝です。


さて、今日の日記は帰宅後の事なのですが。
今までウロウロうろついて、目はあらぬ方向状態、抱っこしても落ち着き一つないメロンでしたが、帰宅して母に聞いてみると抱っこされたまま爆睡していたらしい。
「あれまぁ」と思い、メロンの所に行くと、ゲージから立ち上がって尻尾プンプンきちんと目を見ているではないか。
父曰く「今までこちらを伺うのにゲージの中から立ったままジロジロしていたが、今日はきちんと座ってこちらを見ていた」という。
あれまあ・・メロンさん。どうしたことか。
若干ではあるけど雰囲気に慣れてきたのかな?








ウロウロ癖は精神的部分もあるのでそう簡単には改善しないとは思いますが、先日と比較して落ち着きが出てきた事。これは嬉しい。








全体的な雰囲気として落ち着きが見受けられるようになってきました。


パールもとにかく怖がっていましたが、今日は挨拶をしていました。
少し態度が変わってきた証拠と考えても良いかなと考えています。
また、今日からサークルの中に「寝床」を用意しました。
ある程度落ち着いてきたら、トイレ面の強化を出来ればと思います。


とはいえ、色々と問題は山積しており、ようやくスタートラインに立ちつつあるように感じています。

ニックネーム パール姫の執事 at 23:32| Comment(5) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

5日目・散歩日記

預かり初日、二日目はかなり外にでると怯え、(それでも外の景色を見てキョロキョロしていました。怖がっている割に案外神経は図太い気がしますけど)震えていたメロンですが、今日は外に出ると徐々に歩き始めています。
今回も二本動画を掲載します。
一本目は外に出てすぐのメロンさん。








リードを引いているのは私の母です。
ウロウロぶりは外でも相変わらずですが、とにかく見るもの何でも気にはなるようです。
でも怖い。
それでも動けずにカチンコチン状態の初日とは違ってきています。


二本目は、そこから暫く時間経過したメロンさんです。
ちょっと雰囲気に慣れた??。








落ち着きに関しては日に日に良くなってきていますが、やはり人が動くとスクッと立ち上がってひたすら頭の中は「オイシイモノ」モードになってしまいます。寂しさ、悲しさの感情は既に忘れ去られ、メロンの心理では人間はただ「オイシイモノをくれる動物」にしか認識していないんですね。


やはりメロンは人の金儲けの道具として扱われ、長い間人間に翻弄されて生きてきたのです。もう広島なにがしの元責任者に怒りぶちまけても馬鹿馬鹿しいのでコメントもしませんが、この子、色々な面で時間考えないでじっくり取り組む事が必要かも知れません。
それも今後の我が家の生活次第でどう変わるかわかりませんが、今はゆっくり、流れに任せつつ「人間との生活の方法」を知って貰えれば良いかなと思っています。



メロンへのお問い合わせはアークエンジェルズさんにお願い致します。




ニックネーム パール姫の執事 at 22:22| Comment(1) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

4日目・色々と判明した事

うちに来て四日が経過しました。
一応耳も非常に汚い状態になっていたので、検診がてら行きつけのお医者様に検診して貰いました。
その結果色々と判明しました。


・年齢は推定「3-4歳」
・内的な部分は特に問題なし。
・皮膚炎はとにかく清潔に。そしてしっかりと栄養のあるものを摂取することで完治する。
・外耳炎はなし。
・検便の結果、問題なし。
・視力も問題なし。


体格以外に関しては問題なしという事でした。
非常に当初から懸念していた内的疾患は今のところ問題なさそうです。


しかしながら、ウロウロ的行動は相変わらず。若干勢いは無くなりましたが食べ物を「探す」行動は相変わらずです。下記の動画を見て頂ければわかりますが、ずっと食べ物の事ばかり考えています。正直これでも当初よりマシになった方です。








勿論この行動は食べ物を十分いつでも与えられるという事を認知させれば解決する行動ではないかと思っています。とにかく落ち着かせる事です。これを実行しない限り、躾も散歩も容易ではありません。とにかくじっくり取り組む以外方法は無いと思います。
非常に根気の必要な毎日になってきます。


また、メロンの居る場所は先住犬パールとはドア一つ隔てた所に設置し、極力メインテリトリーを犯さないようにしていますが、こちら側が見えるよう、意図的にドアを開けています。
これは、メロンに「寂しい。私もそこに行きたい!!」的な感情を呼び覚ますための僅かながらだとは思いますが、リハビリに考えています。
とにかく今は人の手しか興味はなく、(手から食べ物を与えられていたのでしょうね。それしか今は頭にありません。)とにかくそれ意外に気が向くよう色々と考えています。


メロンの状況を今後も綴っていくこの日記ですが、あまりマイナス面ばかり書くのもこの子のためにもなりませんので、今日は可愛らしい動画をご覧頂いて締めくくります。









メロンへのお問い合わせはアークエンジェルズさんにお願い致します。


ニックネーム パール姫の執事 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | メロン預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする